いいマンションを見分ける|経営が簡単な収益物件なら脱サラも夢じゃ無い

経営が簡単な収益物件なら脱サラも夢じゃ無い

男性

いいマンションを見分ける

マンション

立地が重要になる

投資をして利益を得る時に投資用マンションが活用できます。しかし数多くある物件からいい条件の物を探すのは非常に困難です。特に素人の方なら選び方がいまいちわかってないと失敗する可能性もあるので注意しておきましょう。そこで投資用マンションの見方を知っておくと便利です。優れた物件を見極めるにはまず立地が重要になります。例えば駅の近くにあるマンションなら利用者はかなり多く入居者の確保をしやすくなるのです。さらに総戸数と修繕するための費用も検討しないといけません。基本的に都心にある投資用マンションは利回りが郊外に比べると低めです。その分多くの利用者がいるので入居者を確保しやすい環境となっています。買うのであれば断然都心にある投資用マンションにしましょう。

利回りの特徴を把握

収益を出すために重要になるのが利回りで、これは数値が高いほど多くの収益を見込めるのです。利回りを見ればどれくらいの期間で金額を回収できるのか確認できます。大きく分けると3種類のものが用意されていて表面利回りは投資用マンションを購入したときの金額を割ったものです。計算方法は年間収入と購入価格を割るもので、パーセンテージを算出可能となっています。実質利回りは収入から管理費用や固定資産税と言った物を差し引いた金額、そこから購入価格を割ったものです。こちらが一番具体的な利回りになるので物件を見る時に計算しておきましょう。想定利回りは満室になった時に発生する収入を購入費用から割った数値になります。最高どれくらいの利回りになるのか確認できるのです。